« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

ソフトバンク「ボーダフォン買収」記者会見

P1000615
ソフトバンク「ボーダフォン買収」記者会見に行ってきました。
想像以上に早く発表されました。1500万ユーザーと、全国にある基地局と、ショップと、端末メーカーとの関係を含めたら、1兆7500億円はお安い買い物だったのではないでしょうか。これからできるだけ早いうちに「ソフトバンク」カラーを出していくとのこと。これに対して、ユーザーがどんな反響を示すかが注目といえそうです。かつて、ボーダフォンがドイツのD2を買収した際、ブランド変更を急いだためにユーザー離れが起こったという事実があります。また、ボーダフォンがJ-PHONEを買収したときも、できるだけユーザーの拒否反応を起こされないように、ゆっくりとブランド変更を行ってきた経緯があります。ソフトバンクも自己主張しすぎると「痛い目」を見かねないので、注意が必要かと思います。
今日、興味深かったのが、孫社長が「料金はまだ決まっていない」としきりに言っていた点です。
1年ぐらい前、孫社長は「日本のケータイ料金は高すぎる!既存3社だけでは寡占市場で料金競争は起こらない。新規参入を認めれば、うちが価格を下げてみせる!」と豪語していたはずなのに……。
寡占企業を手に入れてしまうと、こうも発言は変わってしまうのですね。ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

バンダイ・ウィルコム「キッズケータイTM papipo!」発表会

P1000568
バンダイ・ウィルコム「キッズケータイTM papipo!」発表会に行ってきました。
ウィルコムのW-SIMを活用し、バンダイが発売するビジネスモデルになります。
無線モジュールを内蔵したW-SIMは、他のメーカーがいろいろと対応端末を作ることができる、というのをひとつのメリットとしていましたが、それがようやくかたちとなったといえるでしょう。
注目すべきはその商標。「キッズケータイ」はすでにドコモがSA800iという端末につけてすでに販売しています。
「バンダイ、それってまずいんじゃない?」と思ったら、実はバンダイが2005年5月30日に出願、NTTドコモはその3日後の6月2日に出願していました。記者会見でもその旨を質問したところ、「まだ出願が承認されていないので、なんともいえない。しかし我々がキッズケータイの商標を使うことは問題ないと思っている」との回答をもらいました。

もし、バンダイが了承されたら、ドコモはキッズケータイの名称を取り下げるのか。はたまた「大人の話し合い」が行われるのか。ちょっと要注目だったりします(もしかしたら、ドコモからバンダイが作るキッズケータイが発売されたりして……)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »