« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »

KDDI・Google提携記者会見

Google
「KDDI・Google提携記者会見」に行ってきました。
(14時30分から六本木・グランドハイアット東京)

EZWebでGoogleが使える、という予想通りの内容でした。
とはいうものの、ケータイのコンテンツがオープン化の道を歩んでいるという印象的な会見でもありました。
これまでケータイコンテンツはどんどん充実してくるものの、ユーザーにとってはほしい情報を探しにくいという状態になっていました。その不便さを解消してくれるのはGoogleなのだと思います。

KDDIにとってみても、ケータイユーザーがコンテンツを大量にダウンロードし、パソコン用コンテンツを閲覧すればパケット通信料金があがります(ダブル定額ライトの上限金額である4410円にプラスして、PCサイトビューアーの定額料金の上限である1500円がプラスされる可能性がある)。さらにはキーワード検索で登場した広告の収入も期待できます。
KDDIはgoogleと手を組むことで、ユーザーへ利便性を提供しつつ、ちゃっかり儲ける仕組みもあったりするのです。

ちなみに会見は大盛況。場内は満員状態で、ソフトバンクの影響はほとんど受けていないようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソフトバンクグループ記者発表会

Softbank
ソフトバンクグループ記者発表会に行ってきました。
(13時から汐留・コンラッドホテル)
実は、すでにケータイ業界内では、KDDIが「18日14時から六本木でgoogleとの提携に関する記者会見を開催予定」という告知が流れておりました(案内が来たのは5月11日)。しかし、ここ数日前から「同じ日にソフトバンクが記者会見をやる」という噂が流れて始めました。
とはいうものの、ソフトバンクからは事前の告知案内は一切なく、ようやくわれわれにお知らせが来たのが、今日の午前10時過ぎ。しかも3時間後に記者会見をやる、という案内でした。
困ったのがKDDI。
いま話題のソフトバンクが記者会見をやるといわれては、14時からgoogle提携記者会見の参加者が減ってしまうことが予想されます。そこで、急きょ、予定を30分ずらし、14時半からのスタートにしたのでした。

実際、13時からのソフトバンクの会見でしたが、さして目新しい話はなし。
ブランド名もすでに数日前から日経などにリークされてしましたし、イギリス・ボーダフォンとの合弁会社の話も、おおかた予想できる話であって、あんなのリリース1枚ですむような話です。
唯一、夏モデルの件は話題になりそうですが、ただ、ボーダフォン時代に開発したモデルであって、ソフトバンクらしさは一切ありません(905SHだって、ボーダフォンのために開発したものであって、1兆7500億円支払ったら、たまたま手に入ったようなもの)。

今日の会見は、質疑応答の時間も長く、どう考えても「KDDIつぶし」としか考えられませんでした。
報道関係者の多くが、会見途中で汐留を飛び出し、六本木にクルマや電車であわてて移動していました。
(やはり、どちらも大きな会見ですし。KDDIを無視するわけにもいきません)

自分としては、会見終了後は、関係者に立ち話で取材し、いろいろとネタを集めるのがひとつの仕事のスタイルとしています。しかし、今回、ソフトバンクがこのような時間スケジュールを組んだため、誰ひとりとしてソフトバンク関係者に話を聞くことができませんでした。新製品もディスプレイされていましたが、ほとんど見ることもできませんでした。

ソフトバンクは、KDDIの会見時間に自分たちの記者会見を開催し、目立ったつもりでいるようですが、結果、損しているような気がしてなりません。
会見途中、続々と席を立ち、KDDIの会見にいく記者たちを見て、孫社長はどんな気持ちだったんでしょうか?

今日の自分勝手な記者会見を見ていて、ソフトバンクの将来が心配になってきました。


| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »