« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

「ここだけの話」更新のお知らせ

nikkei TRENDYnetの記事が更新されました。
iPhone3Gに禁断の恋? コイツは「日本語がメチャうまい学習意欲満々の外国人」だ!
普通に買えるようになるのは、いつごろなんでしょうな。

|

iPhone 3G発売日

7月11日、ついにiPhone 3Gが発売になりました。
3日前から行列ができたこともあって、当日、マスコミは200人以上が集まる盛況ぶり。生中継もあったりと、大騒ぎでした。
自分は朝5時ぐらいにソフトバンクモバイルショップ表参道へ。有楽町・ビックカメラ、秋葉原・ヨドバシカメラなどすべてのセレモニーを回ってきました。ホント、お祭りでしたねぇ。ただ、雨とかが降らなくて本当に良かったかと。ケータイ業界に、これ以上、盛り上がった日はなかったと思いますし、今後ももうないんでしょうなぁ。
以下、写真です。

P1070497
原宿駅から歩いていくとすでに当日分はすでに終了したという案内が。午前3時過ぎには完売とのこと。1400台が売れるとは……。驚きです。

P1070535_2
セレモニーに登壇した孫社長。多くの報道陣を記念にiPhone 3Gで撮影したかったようです。しかし、司会に声をかけられて、ちゃんと撮れなかったみたい。

P1070544
30秒前からカウントダウン。ついにiPhone 3Gが発売に

P1070545
店のディスプレイ前は一斉にスモークがたかれます。しかし、量が多すぎたためか、周辺は真っ白に。果たして、テレビの生中継は大丈夫だったのでしょうか

P1070554
お客さんを拍手で迎える店員たち。去年のアメリカではハイタッチでしたら、日本ではやや奥ゆかしいですね。

P1070606
行列の先頭で並んでいた人が契約にもたつき、最初にiPhone 3Gを手渡されたのが4番目に並んでいた人というハプニングが発生。

P1070614
セレモニーを終え、会場を後にする孫社長。かなりご機嫌のご様子

P1070619
ショップの中に入ると、すみっこのほうに、あの超人気キャラクターの置物が…。今日ばかりは主役の座を下ろされてしまいました。

P1070656
11時10分、有楽町のビックカメラにて。上戸彩と登壇した孫社長はすぐに秋葉原へ。それを追いかけるため、自分の山手線に飛び乗りました

P1070684
12時。秋葉原のヨドバシカメラでセレモニー。谷原章介によるiPhone 3Gの説明がうまいのにびっくり。「Macユーザーなので」ということでしたが、操作性だけでなく、App Storeなど幅広く詳細に説明するなど、本当にiPhone 3Gが好きそうな印象でした。

P1070692
セレモニーを終え、報道陣に囲まれる孫社長。ものすごいことになってます。

|

そういえば、1年前

Photo
いやー。iPhone 3G祭です。
ソフトバンクモバイル表参道店の行列はさきほど1000人を突破したそうです。
23時前には孫正義社長も訪れたようです。そこで、最後尾に並べば面白かったんだけど。
そういえば、去年はハワイで初代iPhoneを購入するために長時間、並んだのですが、そのときのアップルストア・アラモアナ店は1時間毎くらいに水やアイスティーを配ってくれていました。この振る舞いに、えらく感動したものです。
ソフトバンクモバイル表参道店はそういったことはしてるのかなぁ?

|

「業界事情」更新のお知らせ

NIKKEI NET「ケータイ業界事情」が更新されました。
「iPhone 3G」と日本製携帯が一番違うところ
iPhone 3G実機レビューの第2弾といった感じです。実際に2週間、触ってみて、日本のケータイとどう違うのか、考えてみました。

|

発売直前 iPhone 3G実機レビュー

NIKKEI NETで記事がアップされました。
この2週間、iPhone 3Gを使い続けておりました。そこで感じたことを書いています。
明日発売の「iPhone 3G実機レビュー」

いやー。祭りですね。

|

セミナーやります

iPhone 3G発売直前で、ケータイ業界がソワソワしている感じですな。
そんなところで、久々にセミナーをやります。
iPhone vs.ニッポンのケータイ 〜日本のケータイ業界はどう立ち向かえばいいのか〜
iPhone 3Gに始まって、アンドロイドなどのプラットフォーム競争、日本のメーカーなどがどうすればいいのかを語ろうかと。
ちょっとお高いのですが、上のリンクから申し込んでもらえるとお安くなります。

|

救世主降臨

P1070460
「ニコニコ大会議2008」に行ってきました。
先日、ドコモを辞めた夏野さんがドワンゴの常任顧問に就任。ニコニコ動画の「黒字化担当」として、これからいろいろと攻めていくようです(詳細はNIKKEI NETあたりでぜひ)。
プレス向けの質疑応答で「就任のいきさつを教えて下さい」と聞くと、「それ、何につかうの?」と言いながらもちゃんと教えてくれました。「ドワンゴはiモードの最初のころ、本格的ゲームとして『つりバカ気分』というのを立ち上げた。その頃から面白い会社だなぁと思っていた」とのこと。
この言葉でハッと思いだしたのです。
いまから、9年くらい前のこと。iモードが始まって間もない頃、日経トレンディの新人編集記者として、iモードの取材に行きました(まだドコモ本社が虎ノ門にあって、ゲートウェイビジネス部が神谷町だった)。そのころ対応してくれたのが夏野さん。新人記者で何もわかっていない自分に、iモードの凄さを延々と語ってくれて、デモしてくれたのが『つりバカ気分』だったのです。
そのころはとっても純粋だったので「iモードってすごい。これから世界が変わるかも」と関心。当時は東京デジタルホンユーザーだったのですが、取材の帰りにドコモショップへN501iを買いに走ったのでした。

あの取材で、夏野さんが対応して『釣りバカ気分』をデモしてくれなかったら、もしかしたら、自分はこの仕事はしていなかったかも、と思っています。

|

« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »