« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

「ケータイ捜査官7」記者会見

P1020178
「ケータイ捜査官7」記者会見に行ってきました。
テレビ東京が気合いを入れて放送するドラマ「ケータイ捜査官7」の記者会見が終わった後に、発表されたのがソフトバンクモバイルの「フォンブレイバー SoftBank 815T PB」。ケータイがロボットの形になるという画期的な製品です。売れるか売れないかは別として、こういうのも製品化してしまうのが、いまのソフトバンクモバイルのすごいところだと思います。
しかも、番組の進行に連動して、ゲームが楽しめるなど新しい試みにもチャレンジしている意欲作。
とはいえ、「ケータイ捜査官7」の放映期間は1年間。ユーザーはこのケータイを「新スーパーボーナス」で購入すると、2年間は持ち続けなくてはいけないわけで。。。残り1年どうするでしょうね。

|

ありえない?

P1020019
イー・モバイルの音声サービス開始記者会見に行ってきました。
サービスや端末の話は、また別の機会に。
今回、面白かったのが明日から放映されるというCM披露。白い犬が出てきて、猿に向かって「ありえない!」と言い続けるという、何とも「攻め」のCMとなっていました。いま、ウィルコムもハトが白い犬に向かって、メールを送り続けるというCMをしていますが、こちらはキャラクター化されているだけに、まだかわいいものです。イー・モバイルは露骨に本物の白い犬が登場し、誰もが「あ、ソフトバンクモバイルだ」とわかるだけに、かなり面白いです。

で、イー・モバイルのCMを見る度に思い出すのが、7、8年前に日経トレンディに在籍していた頃の話。
何人かのチームで「社運のかかった新製品」とかいう特集をやるための取材をしていました。その時、同僚は缶チューハイのマーケティング担当に取材をしており、話を聞くと、その会社は「商品キャラクターにゴリラを起用したのが、これまでにない攻めの戦略なんだ!」と力説していたようです。「飲食、飲料品に毛の長い動物をキャラクターにするのは、タブーだった。そこにあえて挑戦したのが我が社の新商品」と意気揚々と語っていて、実際、そんな記事を同僚は書いていました。しかし、結局、その商品はあっさりと数ヶ月で、店頭から消えてしまいました。やっぱり、毛が長い動物と、口に入れるものは相性が悪いようです。

で、イー・モバイルのCMを見る度に「このサル、毛が長いなぁ」と思うのです。
パンフレットに載っているサルも、「かわいい」というよりも「ちょっと怖い」と感じてしまいます。
イー・モバイルのサルももうちょっとかわいいと、もっとイメージが変わってくると思うのですが。
飲食・飲料品と通信はまったく別物、またサルとゴリラも違う動物ですが、なんとなく、CMを見る度に気になってしまうのです。

|

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »